【道具】ガス節約しかも安全!車中泊は保温調理がオススメ!車内でカレーを作った!

こんにちは。まるなな()です。

以前、保温調理鍋のサーモスシャトルシェフはいいよ♪という記事を過去に書いているのですが。

【道具】シャトルシェフが超便利!車中泊やキャンプで保温調理器を使う(再投稿)

実は、シャトルシェフなくても保温調理ができるよ!というお話です。

そしてこの方法なら、ガスや火を使わず安全に具材を煮込む事ができ、ガスコンロが一つしかない場合でもご飯が炊け、荷物が限られた車中泊などでも有効な方法です。

ガスが節約できて車中泊・キャンプで保温調理をするよ

家でシャトルシェフ(3L)を使った料理は、本当に楽で便利で超オススメ!

多数の場合はシャトルシャフが便利ですが、ソロ車中泊やソロキャンで1〜2人分を作るには、シャトルシャフでは大きすぎて重く荷物が嵩張ります。

ということで手持ちのクッカーで火を使わずに保温調理をしてみた!

今回使ったのは、私のオススメクッカーであるコールマンの『パックアウェイクッカーセット』

以前こちらのブログでも紹介した、パックアウェイソロクッカーセットの2~3人用の鍋です。

フライパンに蓋もついていてかなり便利!

【道具】「ゆるキャン」なでしこちゃんにピッタリ?コールマンパックアウェイクッカーセット

ちなみにソロクッカーの記事はこちらです。

【道具】「ゆるキャン」りんちゃんも使ってる?コールマンのパックアウェイソロクッカーセット

ソロじゃない方のクッカーで煮込み時にガスを使わず保温調理でカレーを作ってみました♪

道具

  • 保冷バッグ(裏地が銀色のもので百均のでOK)
  • 鍋敷き
  • 蓋つき鍋orクッカー(保冷バッグに入るものならなんでもOK)

材料

普通のカレーで2〜3人前だとこのくらい。

  • 玉ねぎ1個
  • ニンジン半分
  • 角切りのカレー用肉200g
  • カレールー2~3カケ
  • 水(ルーの規定分量より100ml少な目)

面倒だったのでじゃがいも入れていませんが、お好みで入れてください。

作り方

  1. 肉を炒める
  2. さらに玉ねぎを入れて炒める
  3. 水を入れて沸騰させる
  4. ニンジンやじゃがいもを入れ5分くらい煮込む
  5. 火から下ろし、クッカーをタオルで包む
  6. 保冷バッグに鍋敷きを入れ、その上に蓋をした鍋を乗せ保冷バッグの口を閉める

普通のカレーの作り方と全く同じですが、蒸発しないので水は100ml程度少なめに作り、足りなければ加える感じでいいと思います。

もし可能であれば、さらにブランケットなどでくるむと保温効果が上がります。

火かけなくとも保温されることにより材料が柔らかくなります。

(シャトルシェフの方が保温性能が高いのでお肉は柔らかいです)

寒い時期のキャンプでは、ストーブを使う方が多いのでストーブで煮込むのもよいと思いますが、保温調理鍋がなくても手持ちのクッカーで保温調理ができるよ。というお話でした。

タオル包むのが面倒だったので、百均のネックウォーマーをクッカーに巻いてみましたがピッタリです♪

この方法なら、ガスや火を使わず安全に具材を煮込む事ができ、ガスコンロが一つしかない場合でも他の物を調理できます。

保温調理中は、こぼさないように気をつけてくださいね♪

ツイッター()にてブログ更新のお知らせをしています。宜しければフォローお願いします(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です