【増毛】えびと地酒まつりに行ってきたよ 報告編1

5月28日土曜日、増毛(ましけ)で開催されました「えびと地酒まつり」に初参戦の母と犬連れで行ってきました。
降ったり止んだりと生憎のお天気でしたが、楽しんでまいりました。

公式サイト←公式のパンフのリンクを貼っておきますね

港町市場の甘エビ1箱800gで2000円とお高めでした。
ひとパック500円を4つ、お好みのサイズのエビを買われる方が幸せになれるかもしれません。

今年から食事メニューも充実したそうですが、午前10時前には既に完売状態。
箱売りの甘えびは、前年と比べると天気の影響か人が少なく、ほとんど並ぶことなく買うことができました。


えびがたっぷり入ったえび汁100円


多すぎる「焼きたこ」500円

マグロの解体ショーは、個人的には期待したほどではなかったかな…。
マグロも思ったよりアレだったです。
見ていて楽しかったですけどね。
並んで買うものでもないかなってのか個人的な印象。

エビが買える港町市場を見終わったあとは、増毛町内を歩きます。
まずは、旧増毛駅。
増毛駅は廃線になってしまったあとでも、以前と同じ状態でなんとなくホッとしました。
ただ列車止め?に蜘蛛の巣が張られていたのと、線路に雑草が多いので廃線を物語っていて少し寂しい気持ちになりました。

 

駅のすぐ隣は、高倉健の映画「駅」映画で使用された「風待食堂」があります。


実際には食堂ではなく観光案内ですが、中にはセットを再現したものもあり、映画を見てる人ならもっと楽しめるかも。
私は映画を見てないので、見てみたいなと思います。

国稀酒造へ向かうまでに、沢山の出店が出ていて誘惑がたくさん(笑)
どれも美味しそうで迷ってしまいます。

特にアップルパイのお店とまつくらというお寿司屋さんに行列が出来ていました。
私はかまぼこ屋さんを発見!

揚げたてが食べられるとのことで、熱々のエビかまぼこを母とシェア。
結構ボリュームがあるので、一つだとお腹いっぱいになってしまいそう。

町並みを眺めつつ(誘惑に耐えつつ)国稀酒造を目指します。

続きはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です