【車中泊】初心者大歓迎!軽キャン女子のはじめての車中泊講座

軽キャンピングカーテントむし

まるなな

こんにちは。まるなな()です。

軽自動車のスズキ「パレット」という車で本格的に車中泊をはじめ早9年。

現在では軽自動車のキャンピングカー「テントむし」という車で車中泊を楽しんでいます。

▼軽キャンピングカー『テントむし』
軽キャンピングカーテントむし

コロナ禍により『混雑を避け旅行をしたい』という需要から車中泊をする人が増えているそうです。

また最近のキャンプブームもあり、一人でキャンプする『ソロキャンプ』も流行っていますね。

少し前では、かなり少数派だった『女性ソロキャンパー』も増えてきました。

でも女性が一人でテントで寝るって安全面でも心配なことも多いと思いますし、初めてテントを買ってキャンプするって、キャンプですら初めてなのにテントも建ててとなると、かなりハードルが高くて躊躇してしまいますね。

「だったら車で寝ればいいじゃない!」

最近では、YouTubeで有名な女性ソロキャンパーさんも、車中泊仕様にする動画も増えています。

ソロキャンプをしたい人にも、気ままな旅をしたい人にも、車中泊ができるってすごく便利なことが多いのです。

というわけで、車中泊歴9年の軽キャン女子「まるなな」が初めて車中泊をするのに必要なものを紹介します!

車中泊できる車かを検証する

▼フルフラット

残念ながら自家用車・レンタカーでもシートアレンジが根本的に車中泊に向いていない車があります。

ガタガタでも就寝人数分だけ、足を伸ばして横になれるスペースの確保が必要です。

工夫をすればできることもあるかもしれませんが工夫をしないとできない場合、車中泊の難易度はかなり上がります。

スズキの車は比較的『フルフラット』になる車種が多いと感じました。

車中泊に必須のもの

  • 寝具(枕・マット・掛け布団)
  • 車の目隠し
  • 車内用LEDランタン

▼レンタカーで車中泊(車中泊マット使用)

寝具(枕・マット・掛け布団)

初めての車中泊なら休前日に自宅の布団を車に積み込み、自宅の駐車場で一晩寝てみてください。
いきなり使ったこともない道具を積んで、遠くに出かけることはおすすめしません。

なぜなら「絶対に寝られないから」

経験者が言うのだから間違い無いかと…(笑)

寝られないしすぐに帰りたくなること請け合い。寝具に拘らずどこでも寝れる人は例外ですが。

車中泊には、練習が必要なのです。一晩その車で寝てみれば、今後必要なものが見えてくるはずです。

ちょっと高いけどおすすめアイテム

もし将来的に、車中泊用のベッドを作るのなら必要ありませんが、作る手間や材料費もかかりますし、載せっぱなしにできない環境の方には『オンリースタイルの車中泊マット』がおすすめ。

厚さ10センチのインフレータブルマットが、かなり段差を吸収してくれ段差を埋める作業をしなくても、快適に眠ることができます!

窓の目隠し

防犯のことも考えると、必ず車の窓ガラス部分は塞いだほうがよいです。

「自分は見られても平気」と思うかもしれませんが、見た方は少し気まずいです(笑)窓には目隠してをしましょう。

とはいえ、いくらお金をかけたくないからと言って、ダンボールはやめたほうがいいです。不審車か事件と勘違いされ職質されます。

寝ている間に起こされたくないですよね?

初めての車中泊なら100円ショップの柄の入ったレジャーシートなどが手軽でおすすめです。

ちょっと高いけどおすすめアイテム

窓の目隠しで『銀マットで目隠しを作る』と言うのも車中泊では鉄板のテクですが、できれば『アイズのマルチシェード』をおすすめ。

夜の寝るときの目隠しだけでなく、夏の暑い日には車内に日光が入らないようにするにも使えます。

あるのとないのでは車内の温度がかなり違います。

夏には日光を避け、寒い時期は窓から冷気をシャットアウトに効果的です。

以上のものを使い、まるななが北海道から飛行機で四国に行き、現地でレンタカーを借り車中泊旅をする動画を公開しています。

窓の塞ぎ方、ベッドの作り方など、車内の様子も初めての車中泊の参考になるかと思いますのでご覧ください!


車内用LEDランタン

もちろん明かりは必要です。充電式がおすすめです!

乾電池だと無くなったら買わないといけないのでお金がかかります。(長期旅で充電できない場合には、乾電池も有用)

下において使うものより、上からぶら下げて使えるものの方が手元が見やすくて便利です。

最低でも1個。2個あると便利です。

まるななは、これを使っています。

価格は2000円台。1晩充分に持ってくれますし、バッテリーが切れてもモバイルバッテリーにつないで点灯する事もできます。

明かりの色は暖色・白昼色・蛍光灯色に切り替えられ、明るさは無段階で調整できます。

カラビナがついているので、上からぶら下げて使うこともできますし、磁石がついているので、車体などに貼り付けることもできます。

USB出力で5000mAhの内蔵バッテリーでスマホを充電することも可能です。

実際の明るさなどの使用感を動画にしてみました。


車中泊で便利なアイテム

  • ハンガー
  • 洗濯バサミ
  • カラビナ
  • クーラーバック
  • 養生テープ
  • ウェットテッシュ・テッシュ
  • タオル地のハンカチ
  • ごみ袋
  • モバイルバッテリー
  • USBシガーソケット充電器
  • ヘッドライト

『タオル地のハンカチ』って「なんで?」って思うかもしれませんが、道の駅は仮眠をする場所。なるべく目立たないようにひっそりと過ごしたいのです。

そのため顔を洗うときは、人のいない隙を狙ってササっと済ませますので、フェイスタオルよりも「タオル地のハンカチ」の方が「顔洗いに行きます感」が出なくてよいと勝手に思っています(笑)

車中泊がもっと楽しくなるアイテム

  • キャンプ用ミニテーブル
  • キャンプ用イス
  • カセットコンロ
  • 調理器具
  • プラズマクラスターイオン発生器
  • ポータブル電源
  • ちょこっと家電
  • ワールドポット2

上記は、必須ではないけど、あると車中泊がもっと楽しくなるアイテムです。

車が横付けできるキャンプ場で、車の隣にイスとテーブルを並べれば、もうそれは立派なキャンプです!

キャンプってもっと手軽な遊びだと思うんですよ。慣れないテントを張る必要もないし、別に好きじゃなきゃ焚き火だってしなくていい。

凝った料理なんてしなくても、コンビニの弁当やスーパーで買ったお寿司でも、外で食べれば美味しいのです。

もし、余裕があればカセットコンロを持っていくといいと思います。

お湯が沸かせたら、コーヒーやお茶も淹れられます。ちょっとしたお菓子を用意して、景色の良いところで飲むコーヒーは格別ですよ。

ちょっと高いけどおすすめアイテム

外はいいけど車中泊で「車内でガスを使うのには抵抗がある。」と言う方には『ポータブル電源』がおすすめ!

▼Anyproポータブル電源・ちょこっと家電

さほど不便を感じていなかったので、ポータブル電源にはあまり興味ありませんでしたが、Amazonでポータブル電源を販売してる『Anypro』さんから、ポータブル電源を提供していただき実際に使ってみると、これが想像以上に便利!!

車内で火を使うのに抵抗がなかった私ですが、一度使ってみると手放せません!

最近は、お湯を沸かすのもご飯を炊くのもポータブル電源を使っています。

ソロ用にはなってしまいますが、一人用電気鍋『ちょこっと家電』と小型電気ケトル『ワールドポット2』が大活躍。

これは、本当に買ってよかった!今のお気に入りアイテムです。

▼小型電気ケトル『ワールドポット2』

ポータブル電源を選ぶコツですが、「いざ買ってみたら使えない」なんてことが起きないように、使いたい家電の消費電力と手持ちのポータブル電源の定格出力をしっかりと確認して選びましょう。

私が持っているAnyproのポータブル電源は、定格出力500W、容量が444Whです。
この商品だと電気毛布は1晩使えます。電気毛布を使わないのならお湯を沸かし、料理をしても1泊分充分に持ちます。

下の動画は『AnyProのポータブル電源』と『ちょこっと家電』を使い軽キャンピングカー車内でご飯を作る様子を動画にしてみました。


まとめ

「車中泊ってどうすればいいの?」と悩んでいる方!!

とりあえず、家にある寝具・LEDランタン・レジャーシートを車に積んで一晩自宅の駐車場で寝てみましょう!

車内で一晩過ごしてみて「ちょっと楽しいかも」って思えたらあなたは車中泊に向いていますよ(笑)

なかなか外出もままならない、このご時世。

ベランダでするキャンプ『ベランピング』が流行っているそうです、自宅駐車場車中泊だって流行るはず!?(笑)

YouTubeやっています

YouTubeで軽キャンピングカーテントむしで、北海道旅・車中泊・キャンプ・登山を楽しむ動画を週1程度公開しています。
更新通知がされますので、チャンネル登録お願いします!


まるなな

ツイッター()にてYouTubeやブログ更新のお知らせをしています。宜しければフォローお願いします(*´▽`*)

2 COMMENTS

シュウ

初めまして。いつも動画を楽しく拝見しております。とてもためになる事ばかりなのでw。北海道もコロナ旋風が全開ですね。お体にはお気を付けください。

返信する
まるなな

シュウさんはじめまして。
ありがとうございます!そう言っていただけると励みになります!
なかなか外には出にくいですね。混雑を避けひっそりと楽しんでいます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です