【雑記】災害の備えで持っててよかった登山・キャンプ・車中泊グッズ

こんにちは。まるなな()です。

先日起きた、『北海道胆振東部地震』に際し、心配してメッセージを下さった方々ありがとうございます。メッセージは送ってないけど心配してくれた方もありがとうございます。私は何事もなく元気です。

今回の大規模な停電を経験し、日頃の備えの大事さを痛感しました。

私は、このブログで書いてある通り、車中泊・登山・キャンプが趣味ですが、これらの道具が非常時に役立つものが多いと改めて実感しました。

停電が起こったとき、何があれば安心なのかを綴ってみようと思います。

2018年9月6日(木)

いつものように寝ていると、ガンと下から突き上げるような揺れを感じ、目を覚ますと携帯電話の『緊急地震速報』のアラームで飛び起きました。

えぇぇ速報遅くない?!先に揺れがきたよ?!

これは今までに感じたことのない揺れ。震度4は確実に超えているだろうと直感しました。

揺れが収まるのを待って、テレビをつけるも

「あれ?テレビつかない?」

外を見ると、見事に真っ暗。

 

あ。停電ですね…(´・_・`)

 

でも、テレビが見たい。

そうだ!登山用の予備スマホには『ワンセグ』があったはず。

即、テレビを見ることができました。震源は安平町。今のところ津波の心配はなし。

余震に気をつけつつ、テレビから情報を得ることができました。

というわけで、電気のない生活を経験したわけですが、停電時にこれはあってよかったな。というものを、登山・キャンプ・車中泊をする人目線でまとめてみたいと思います。

 

あってよかったもの

ワンセグ対応スマートフォン

 

ワンセグが欲しくて買ったわけではなかったのですが、私は登山の時にYAMAPというGPSアプリを使用しています。

YAMAPは道に迷わないよう、オフラインで地図を表示し現在地を教えてくれる命綱ともいえるアプリです。

普段はiPhoneを使っていますが、紛失・破損・故障があったときのバックアップ用の予備スマホとして購入しました。山に登る際は、予め地図をダウンロードしておき充分に充電をしたものを、登山では常に持ち歩きます

今回は停電で、このスマホのワンセグ機能が非常に役立ちました。ラジオもテレビより詳細な情報を教えてくれますが、実際の被害状況は『百聞は一見に如かず』です。

 

ソーラーパネル付きモバイルバッテリー

 

モバイルバッテリーには定評がある『RAV Power製』のソーラーパネルのついたものです。

これは本当に心強かった。こちらも登山用に買ったものです。

もちろんモバイルバッテリーでも十分なのですが、モバイルバッテリーは電気を使い切るとただの文鎮になってしまうので、天気さえよければ少しでも充電ができるものは、あって損はないと思います。

10000mAhと大容量というわけではないのですが、私個人的には20000mAhくらいを1個より10000mAhを2個をオススメしたいです。

20000mAhのバッテリーは大きくて重いです。RAV Power製の25000mAhの商品もありますが、重量550gとペットボトル1本くらいの重さがあります。大きくて重いものは持っていくときに躊躇してしまいます。(10000mAhは276g)

  • 必要なら2個、間に合いそうなら1個と日程に合わせて、持っていく個数を選べる
  • 1個のパネルより、2個のパネルの方が充電効率はいいし、コンセントから充電するときも2個同時に充電した方が早い
  • 25000mAhはUSBの差し込み口は3個ですが、10000mAh×2個なら差込口は4つ
  • どっちかが故障しても大丈夫、使っていない方は人に貸せます

上記の理由で大容量1個より、その半分の容量2個の方が絶対使い勝手がいいはずです。

 

 カセットコンロとカセットボンベ

 

 

カセットコンロとガス缶は、車中泊やキャンプで使用するため持っています。

これがあれば、ご飯が炊けますし、温かいものが食べられます。今回はガスが出たので、私は使うことはなかったのですが、妹の家がオール電化で、停電時も普段と同じものが食べられたと感激していました。

カセットボンベは、震災で真っ先に売れるものの一つです。私はカセットボンベは3本パックを1個以上、ストックしてあります。

 

無洗米

 

うちは普段から無洗米です。研ぐのが面倒なのと車中泊などでは、お米を研ぐのが難しいので。

断水した場合など使える水が限られている時には、やはり無洗米が重宝します。

無洗米はちょっとという方は、上のような1~2合で小分けにパックされているものが売っているので、非常用として用意しておくのもよいと思います。

非常事態の場合、おにぎりやパンは真っ先に売り切れてしまいます。お米と水があればご飯が炊けます。ご飯が炊ければおにぎりだって作れます。

普段からガスでご飯を炊けるようにしておけば、慌てなくて済みますよ。『失敗しないガスでのご飯の炊き方』の記事を過去に書きましたのでご覧ください。

関連記事

 

ヘッドライト

 

夜に避難する際はもちろん、夜はトイレはもちろん家のあらゆるところが暗いです。両手が塞がっていても使えるヘッドランプは非常に便利です。

頭に付けると邪魔なので、私は首からぶら下げて使っています。登山はもちろんキャンプでトイレに行く際にも活躍します。上からぶら下げて使ったりと何かと使い勝手が良いです。

私はモンベルのを使っていますが、ヘッドライトを選ぶ基準は明るさはもちろんのことですが『電池』です。

ヘッドライトにはボタン電池を使ったものや、単四を数本使うものがありますが『単三電池』のヘッドライトがオススメです。単三が一番手に入りやすく予備も1本用意しておけばいいだけなので気が楽です。

部屋を明るく照らすLEDランタンもあった方がよいですが、LEDランタンも『単三電池』を選んでおくとよいと思います。

以前私も、ジェントスの(EX-777XP)を使っていましたが、単一電池を用意しておくのが面倒になり使わなくなってしまいました。単一電池は高いうえに入手しにくいです。

電池が必要なものは、電池の種類を統一して購入した方がよいと思います。

それか充電式のソーラーパネル内蔵のLEDランタンがよいと思います。

 

 

 

携帯用浄水器

 

登山用に購入したものです。山で宿泊する際、万が一、水が足りなくなった時の予備として持ち歩いています。

今回は出番はありませんでしたが、持っていると心強いと思います。

登山用に購入したもので、北海道は綺麗な沢水でもエキノコックスが心配なので、直接飲むことはできません。(煮沸するとOK)

断水した場合、近くの山に綺麗な川が流れているので、それを汲みに行こうと思ってました。

 

まとめ

ざっくり言ってしまうと、こんな感じではありますが、今回はまだ暖かい時期だったことと、水が断水しなかったということが大きかったです。(他の地域では断水したところもあります)

水が断水した場合は、トイレの問題・飲み水の問題があります。

登山の車中泊で、トイレのないところでも車中泊ができるようにしたかったので、こちらは要検討で。

飲み水は、給水所も開設されていましたが、『給水袋がないので水を入れるものを持ってきてください』とツイッターでは見かけました。水用のポリタンクを用意した方がいいかもしれません。

ここでは書きませんでしたが、大容量のザック(リュックサック)・水筒やジャグ(水を入れる容器)・ランタンポール・ラジオもあってよかったと思いました。

特に、ラジオはテレビでは流されていない地域の細かい情報が放送されます。

あとは、日頃から登山やキャンプで電気のない生活に慣れている。というのも大きかったです。冷蔵庫の中身が心配でしたが日常と違うところはそれくらいです。

直ぐ近くに水やトイレがあるだけ、車中泊・キャンプや登山よりイージーモードです。むしろグランピングです(笑)

私の周りには被害がなかったので、このようなお気楽なことが言えるのでしょうが。

 

被災された方々には心からお見舞い申しあげます。
そして今なお懸命に救助をしている方々・電力の復旧に尽力している方々、地震も私達と同じ状況なのにお店をあけ営業してくださった方々。日常を取り戻そうとしている方々・心配してメッセージを下さった方々、全てに心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です