【道具】絶対オススメ!山でカップ麺が食べたい!モンベル アルパインサーモボトル

こんにちは。まるなな()です。

突然ですが、実は私『保温容器マニア』です(笑)

ボトルやスープジャーなど各サイズを使っています。以前、サーモスの保温調理器「シャトルシェフ」や「フードコンテナ」を紹介しました。

関連記事

【道具】超ヘビーユーザーの私がサーモスの「フードコンテナ」の使い方について語ろう

【道具】シャトルシェフが超便利!車中泊やキャンプで保温調理器を使う(再投稿)

 

モンベル アルパインサーモボトル

登山などで山に登ると無性に恋しくなるのがカップ麺!

山で食べるカップ麺ってなんて美味しいのでしょうか(*´▽`*)

私もたまに山で食事なんかを作ってみたりもするんですが、日帰りの低山ではカップ麺が断然楽!

よく山の頂上で、カップ麺を食べるためにお湯をわかす風景が見られますが、それも風流でいいね。とは思うのですが、

 

お腹空いてるのでお湯が沸くまで待ちきれません(笑)

 

しかも、山頂はだいたい寒い(笑)

ガス缶の残量も気にしないといけないし、クッカーやケトル、バーナー、ガス缶と意外と荷物が多くなるのも事実。

カップ麺が食べたいだけなのに、大げさすぎる!

 

山でカップ麺食べたいけど、カップ麺食べるだけに、これだけのものを買いそろえるのは、ちょっともったいないですね。

そこで、私がオススメしたいのが、モンベルのアルパインサーモボトルです。

 

 

 

 

 

サイズは0.5Lと0.9Lと二種類あります。

どちらも使っていますが、カップヌードル1個分のお湯の目安300mlとのことなので、このように使い分けています。

  • 0.5L:1人分。カップヌードル+コーヒーが小さいカップで2杯。大きいカップだと1杯くらい
  • 0.9L:2人分。カップヌードル2個分+大きいカップで2杯

 

朝入れたお湯でも、昼までカップ麺が問題なく作れるくらい熱いです。

0.9Lの方が温度が下がりにくいですが、0.5Lでも問題ありません。

単体でも十分に熱さを保ってくれますが、このケースに入れることをオススメします。

 

 

 

 

サーモスの山専ボトルの専用ポーチですが、サイズ的に問題なく使えます。

やっぱりケースがあった方が、断然冷めにくいですね。

さらに冷めにくくするには、お湯を入れる前にボトルにお湯をいれて容器を温めておくことです。

これでもだいぶ違います。

 

ちなみに蓋は、カップにもなり0.5Lで120ml、0.9Lで150mlのカップとして使えるので、インスタントコーヒーを飲むにはちょうどいい量だと思います。

中栓は昔ながらのひねるタイプなので、複雑な部品もなく洗うのも楽!

クッカーとバーナーはキャンプや登山などのアウトドアでしか使いませんが、ボトルなら普段使いもできます。

 

寒い時期に温かいものを入れても、暑い時期に冷たい飲み物を入れて持ち歩けます。

実は我が家にはもう一つボトルがあります。

 

サーモス 山専ボトル

 

 

 

サーモスの山専ボトルです。

やはり、モンベルのサーモボトルにするか、サーモスの山専ボトルにするのか悩むところだとは思いますが。

両方使ってて思うことは…

 

どっちでもいいんじゃない?好きな方を買うといいよ!!

 

という、グダグダで すみません。

どっちが保温してくれるどか、1度や2度の差なんて大した違いはないですよ!

どっちも、氷点下10度の山頂でも美味しいカップ麺を作ってくれます。

むしろ、カップ麺が冷えないように保温するものを探した方がいいレベル(笑)食べてるそばから冷えちゃうからね。

 

あえて言うなら…

山専ボトルは中栓が2つなので、洗うのが面倒だというくらい。

あとは、デザインと値段で好きな方を買うといいと思います。

 

◆普段使い

仕事に行くときにお湯を持参することもあります。

会社にはお湯の入ったポットがあるのですが、お湯を使う人が多い日は、お湯がなくなったり、天気の良い日には、カップ麺とお湯を持参して外で食べたり、お弁当にインスタントみそ汁を持って行き、食事後にコーヒーを飲んだりする時に使っています。

 

◆車中泊やキャンプ

夕食時についでにお湯を沸かしておき、寝る前にお茶やホットレモンを飲んだり、寒い朝には、暖かいものがすぐに飲め、調理にも使えるので時間短縮になり、大変便利です。

クッカーが一つしかない場合にも、先にお湯を沸かしてサーモボトルに入れ、クッカーで調理した後、食後にクッカーをすぐに洗うことなく、温かい飲み物を飲んだり、食事の際にインスタントみそ汁飲むときに便利です。

 

私としては、モンベルのアルパインサーモボトルと、もう一つこちらもオススメしたいです。

 

タイガー サハラマグ 夢重力

 

 

空の状態なら、180mlの小さめ缶コーヒーより少し重いくらい。

  • 近場に登山に行く際は、コーヒーを入れて、山頂でお菓子を食べたり。
  • 長時間歩くときの、小休憩時にちょっと温かいものを飲んだり。
  • 暑い日にはキンキンに冷やした水を入れ、コーヒーのポーションを入れアイスコーヒーに。
  • 普段でも、出かける時にちょっと喉が渇くとき用のため麦茶や、ほうじ茶を入れて持ち歩きます。

ペットボトル買えばいいじゃんって思うかもしれませんが、500mlのペットボトルは重くて持ち歩きにくい上に、全部飲みきれないので捨ててしまうことが多いのです。

 

そんな時にぴったりな量なんですよね。

 

どちらも、登山・車中泊・キャンプ・普段使いと様々な用途に使えるので、本当にオススメ!!

 

 

 

※こちらの記事は2017年の記事をリライトし再投稿したものです。

2 Comments

こぐまちゃん

まるななさんのお勧め道具、使ってみました。私の場合はただの保冷・保温水筒ですが、この土・日に車中泊イベントに参加して、雨しとしとの寒い中(北海道よりあったかい)車の中でコーヒータイムに沸かしたお湯を取っておいたり、カップラーメン用にしたり、大活躍でした。教えて頂いて良かった!

返信する
まるなな

こんにちは。
使いたいときにすぐお湯があると本当に便利!コーヒーお茶カップ麺みそ汁スープ。
車中泊などで出かける前、朝、寝る前には必ず用意しておきます。
もし使わなかったとしても、それはそれでいいのです(笑)
ブログの記事がお役に立てて嬉しいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です