【北海道】ガチのガチで教えたくない 登別温泉ホテルまほろば

こんにちは。まるなな(@xx_maruchan_xx)です。
先日、中学の同窓会に行ってまいりました。
当時は本気で人見知りだったので、特定の人しかお話をしてなかったのが今になって悔やまれます。
ただの中坊だったのに、それぞれ立派になっていて、ただただ凄いと思うばかりです。
私も遊んでばっかりいないで成長せねば。
次の日は仕事だというのに、飲みすぎました。
しばらくお酒はいいかな(笑)

とりあえず猫を載せれば流行ると言われたので今日も載せますね。
今日のナル (由来は漫画のナルトからだって)

さて本題です。

毎年墓参りで札幌から室蘭まで行くのですが、その手前の登別温泉で宿泊するというのが定番です。
最初の頃は、登別温泉の中で宿泊先も変えていたのですが、ここ10年くらいは同じホテルを利用しています。

 

登別温泉 ホテルまほろば

https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/12568/12568.html

 

最初に行っておきますが、値段が高いところと比較してはいけません(笑)
高いところはよいに決まってます!!
即席麺と店のラーメンを同じ土俵で勝負してはいけないのと同じです。
値段に対して満足できるかできないか。のバランスが重要だと思います。

そんなにたくさんのホテルに泊まったわけではないのですが、道内の有名どころは行ってると思う。
大人4名1室で平日1万円前後の価格帯のホテルでは、ここ以上のホテルにはまだ出会ってません。
むしろあったら教えてほしいくらい。

今回は大人4名平日一泊二食付き12000円です。

とにかくバイキングだというのに食事が美味しい。
バイキングはバイキングのレベルというものがありますが、ここのバイキングは1品料理で出てきてもおかしくないレベルの料理ばかりです。

  • バイキングでたくさんの料理があるのに、食べたいものがない(ほぼ全てのホテル)
  • 安い素材でなんとかしよう。という涙ぐましい努力が見られるが、食べたいものがない(野○観光)
  • あきらかに美味しそうではない(第一○本館)
  • 美味しそうで食べてみるが、所詮バイキングレベルの料理(知床第○ホテル)

ホテルに泊まっての一番の楽しみが食事です。
その食事がまぁそんな感じだと上がってたテンションもだだ下がりってなもんです。

本当に教えたくないんだけど、私のブログにそんな影響力ないだろうから書く。

登別温泉ホテルまほろばは、グリーンテラスのプランが超絶オススメ

お食事のプランがふたつあってそれぞれ食事場所が違うのです。

以前からある広い食事会場の「リバティ」と、新設されたちょびっと高級路線の「グリーンテラス」。
その価格差は1500円程度なんですが、その1500円の差が格差ありすぎレベルで違うのです。

朝750円で夜750円と換算しても余裕でお釣り来るレベルの料理内容で「グリーンテラス」が圧勝なのです。
ちなみに外国人の団体ツアーの方たちはこちらの方にはいません。


 

蟹は毛ガニ、タラバ?
毛ガニは半分に割ったもので、味噌付き。
甘エビがデカすぎ。
生ハム、刺身もバイキングにしては上出来、海鮮丼作り放題。


カニカマじゃないよ!!
以前は、塩気が強かったけど、今回はちょうどいいお味。


最後の方なので、あまり出てないけど蟹は器に入っています。


これも、最後の方で少なくなってるけど、セルフで海鮮丼が作れます。


天ぷらはフリッターみたい。


どれを食べても基本外さない味付け。

ソフトドリンクも飲み放題。

ステーキも加工肉じゃなくなった?

毎回、フルーツもトマトも野菜も全部美味しい。

ケーキも以前より美味しくなってる。

STAUBコーナーが出来てる!!
毎年進化してます。



まとめ

信じるか信じないかはあなた次第(*´ω`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です