【登山】北海道夏の大雪山 旭岳→黒岳へ 旭岳編 ソロ登山1日目②

「今年の冒険はどこにしよう?

天気をみて、決めたのは前々から考えていた

「黒岳の石室に泊まりたい!」

旭岳から登って、お鉢を歩き黒岳石室まで行く冒険をしてみたお話。

前回は、大雪山のことと、ルートについてと、旭岳の姿見駅まで着いたところ

 

2017年8月19日(土)

9:40 姿見駅から登山開始

昨年、初めての登山も旭岳からだった。
その時ロープウェイで、大きくて重そうなザックを背負ったお姉さんがいて、探検家みたいで凄いと思った。

まさか1年もしないうちに自分が同じことをするなんて想像もしていなかった。

元々運動はとても苦手だし、普段運動もしないので、初めての登山は本当にしんどかった。
登りながら、もう二度とくるもんか。って何度も思ったし、なんでみんなが山に登りたいなんて言い出すのか本当に理解できなかった。
股関節が痛くて足が上がらないのも辛かった。

とにかく私にはきつくて途中荷物を持ってもらって、なんとか登ることが出来た。

こんな景色が待っているならまた登ってもいいかな。とちょっと思った。

 

昨年の秋にそんなことを思って登った、旭岳。
登りつつ思い出していました。

 

今回は泊りなので、前回よりはるかに重い10kgくらいのザックを背負って登ります。

天気は前と同じ感じ。
相変わらず、旭岳は姿を見せてくれません。

 

旭岳は、ずっとこんな感じのところをずっと登っていきます。
高くて広いので、あまり進んでる感じはしません(笑)

10:24 6合目

相変わらず上の方はガスがかかって見えません。

下の方は、綺麗に見えるね!

10:46 7合目

ますます白くなるばかり。
前と同じで上に行っても何も見えなのかな?と心配になる。

11:14 8合目

やっぱり何も見えない(笑)

11:33 9合目

(´・ω・`)

 

あれ?もしかして晴れてきた?

11:49 旭岳 頂上!

晴れてる!!(*´▽`*)

相変わらず、姿見駅方面はガスがかかって何も見えないけど、反対側のこれから向かうお鉢は雲がかかってない!

これから向かうお鉢方面は晴れてる!

 

姿見駅付近は見えたり見えなかったり

 

景色はそこそこに(笑)お昼ごはん。花より団子派!

初めて使うバーナーに戸惑いながら、なんとか着火に成功。
今日は、カップヌードルのチリトマトヌードルにゆでたまごをイン♪
醬油もいいけど、チリトマトヌードル旨過ぎ!!

山ごはん チリトマトヌードル

 

旭岳頂上は人がたくさん!

 

 

ヤマップのデータによると…

今回の旭岳は2時間2分で登ったことになります。
ヤマップの標準タイムが2時間50分です。

  • 9:40 姿見駅出発
  • 10:24 6合目
  • 10:46 7合目
  • 11:14 8合目
  • 11:33 9合目
  • 11:43 旭岳頂上

たしか一番最初に登った時は、2時間30分くらいだったの思うのでだいぶ早くなってます。
しかも、今回は荷物10kg相当のザックを背負って登ってます。

自分でもビックリするくらい楽に登ることが出来ました。
成長したなぁ。と自分で褒めてあげたいくらい…(*´ω`*)

 

次回は

間宮岳→黒岳石室までです。

 

ヤマップからのタイムや距離などの詳細情報はこちら

夏の北海道旭岳→黒岳石室ソロ1泊2日 1日目

https://yamap.co.jp/activity/1113618

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です