【登山】北海道夏の大雪山 旭岳→黒岳へ 桂月岳ご来光編 ソロ登山2日目⑤

「今年の冒険はどこにしよう?」

天気をみて、決めたのは前々から考えていた

「黒岳の石室に泊まりたい!」

旭岳から登って、お鉢を歩き黒岳石室まで行く冒険をしてみたお話。

前回は、黒岳石室で山ごはんを食べたお話です。こちら↓からどうぞ。

 

2017年8月20日(日)

3:20 黒岳石室 起床

早く起きてご来光をみよう!

これも泊りで山登った目的の一つ。

実は、前から気になっていたことがある。
ご来光をみるため暗いうちから起きる。

どうやって起きてるんだろう?



まさか、目覚まし時計をかけるわけにはいかないし。

夕食にご一緒だった方に聞いてみるとみんな口をそろえて

「誰かがモゾモゾするから」

あ。そうなんだ…私起きれるかな。

そんなわけで、私も誰かがモゾモゾと動き出すので目が覚めました。
その前に暑くて目が覚めていたんだけど、またウトウトしてたんだ。

寒いのでしっかりと着込みヘッドライトをつけ、少しの飲み物と念のために熊よけの鈴を持って、ここから20分ほどの桂月岳の頂上へ。

石室の外に出てると、やっぱりとても寒い。

既に明るくなり始めており、天気もよさそうだ。

20分とはいえ寝起きで山に登るのは思ったよりしんどいです(笑)
先に登り始めた数名の方がいるのでちょっと心強い。

 

4:15 桂月岳 頂上

桂月岳の下は雲海だ。

日の出はまだみたい。

桂月岳の頂上は、大きい岩がたくさんあってその岩の上に座って日の出を待つ。

朝日を浴びる黒岳

桂月岳山頂

桂月岳から見る黒岳石室

凌雲岳?

凌雲岳?

黒岳

 

 

 

ちょっと頑張って、ご来光をiPhoneのタイムラプスで撮影してみました。(短いけど)

 

雲海からのご来光は素晴らしかった。
言葉も出ない。

 

次回はこちら↓

2 Comments

あちゃも

写真でもかなり綺麗な景色が判りますが、生でこの景色を観たら、病みつきになるんでしょうね。落ち着いたら、色々な事にチャレンジしたいなぁと思わせてくれる内容と画像でした(^。^)

返信する
まるなな

自分の目で見たものを目で見たまんま保存できればいいのになぁ。って思います。
お忙しいと思うのでなかなか時間は作れないと思いますが、そろそろ紅葉のシーズンにはいりますし、いい機会かと思います。(*´ω`)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です