【青森】あぷた 中山峠 軽で車中泊一人旅 5日目(再投稿)

青森の旅から函館に戻り、札幌まで帰るまでの旅。

函館上陸→大沼公園→八雲町→豊浦(宿泊)→洞爺湖→中山峠→札幌
前回の記事はこちら↓から

2016年8月24日(水)

そして私は思い出した!!
道の駅あぷたでウニ丼を食べよう!!(まだ食うんかい!)
いつか見たんだ!どさんこワイドで!!
こっち方面に行くことがあったら必ず食べようと思っていたんだ!

ここからすぐの「道の駅あぷた」で美味しいウニ丼を出してくれるらしい。

道の駅あぷた 到着

土日は行列が出来、品切れになってしまうほどに人気とか。
たぶん量は普通の折りの半分くらい。
値段は時価でこの日は1800円くらいだったはず。
ちなみに礼文産だったと思う。
ウニは途中で飽きちゃうからね!
これくらいの量で充分だよ。
1800円って値段も手ごろでよい。
積丹には負けるけど、小樽の微妙な店で食べるより絶対美味しいし安い!
青森で食べた海鮮丼のウニより美味しかったよ♪
道の駅あぷたのウニ丼をほくほく顔で完食!
ごちそーさまでした。また近くに寄ったら食べたい。(*´ω`)
そして車を走らせ洞爺湖方面へ。
今回はこのルートで帰ります。
クリックすると拡大されます
函館→豊浦間138km
豊浦→札幌間104km
まだ道のりは遠いいですなぁ。
北海道広すぎ!!
天気も良いので、洞爺湖でも眺めよう。
中国系の観光客がいて賑やかだった。
そうだ!
中山峠のあげいもを食べよう!!(まだ食うんかい!2回目)
私の住んでるところ、中山峠を通るとかえって遠回りなの。
でも、あえて中山峠経由で帰るよ!!
この峠、札幌市中心街に向かってく道なので連休には渋滞ができるほど大混雑するのだ。
なので基本的に通らないようにしている。
そうなると道民(特に道央)のソウルフードである「名物峠のあげいも」が食べられないんです。
幼少の頃、今ほどコンビニがない時代だったし、洞爺湖やルスツに遊びに行くときは通ると必ず妹弟で分けて食べるのがお決まりなんです。
札幌で育った子供は、休日に家族で出かけて楽しかった思い出が詰まった食べ物なんです。
十何年かぶりに食べたーい!!(*´ω`)

「道の駅望洋中山」到着

建物自体はリフォームしたものの基本的には昔と同じ建物。
懐かしいなぁ♪
これが「名物あげいも」揚げ芋じゃなくて「あげいも」ね!
いも3個とか一人で食べるのには多すぎるよぉぉぉぉぉ(;´Д`)
衣がサクサクして美味しかった♪
残りは持ち帰りました(笑)
というわけで、帰りはちゃっかり観光しつつ食い倒れて無事に札幌へ帰ってきました。
もちろんこの日の夕飯は食べられませんでした。

【まとめ】

初めてのフェリー、初めての道外での車中泊、初めての長期。
何もかも初めて尽くし。
今回は次の仕事の予定もあったので5日間の日程となりましたが、寝床さえシッカリしてたら疲れも溜まらないし意外ともっと長期でも行けそうだと思いました。
ただ無理だと思ったのは、本州の暑さです。
海を渡っただけで、こんなにも湿気の量、蒸し暑さが違うのかと思い知らされました。
ガソリンスタンドで
「今日は暑いですね?いつもこんなに暑いんですか?」と尋ねたら
「今日は涼しい方ですよ。東京から来た人は涼しいと言ってましたよ。」
(;゚Д゚)
ってなりましたし。。。
ちなみに荷物はこんな感じ。
  • クーラーボックス
  • 車中泊料理セット
  • 着替え
  • 水のボトル・カップ麺等食料
  • いつものリュック
札幌→青森の旅ご覧いただきありがとうございました。
最初から読んでやるよ!という方はこちら↓からどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です