【道具】登山の汗冷え対策 MILLET(ミレー)のあみ? ドライナミック メッシュ インナーを一年間試してみた

こんにちは。まるなな()です。


いよいよ寒くなってきました!

まるななは、本当はインドア人間。寒いの嫌いだし、雪なんか降らなければいいのに…でも憎らしいけど雪景色って綺麗だし、静かな山を歩くのは嫌いじゃない。冬は札幌近郊の低山を中心に山歩きをしています。

そこで一番困るのは、汗冷え。

冬の汗冷えは、夏以上に深刻です。

登っているときは平気でも、マイナスの外気温で一気に冷えてしまいます。

これはヤ・バ・イ!

というわけで、汗冷え対策インナーを購入し約1年使ってみた感想を書いていきます!

▼表

▼裏

MILLETの通称「あみあみ」DRYNAMIC MESH アンダーウェアの感想

結論から言うと買ってよかった!

私が購入したのは春になってからです。その頃は、さほど汗冷えは深刻ではなかったためか、

「まぁこんなものかな?」

と思いブログ記事にするほどの感動もなく、山用の下着として春〜秋にかけて身につけていました。

しかし!最大の効果を発揮するのはむしろ冬です!

汗冷えが気にならない

久々の山歩き。雪が積もった状態。山頂の気温はマイナス2〜3度位で、幸いなことに風がありません。いつものように無意識で上着を羽織ろうとした時に気がつきました。

「あれ?私、汗かいていなかったっけ?」

登ったのは短いながらもロープが必要な急登がある「銭函天狗山」。額に汗をかいていたのを思い出します。

以前、冬に登った時は『ユニクロのエアリズム』を着ていました。汗で下着が濡れ、背中に張り付き冷たいことが気になっていました。

「やっぱり汗冷えするわ。インナー買わないと。」

と考えていたことを思い出しました。

しかし、インナーを変え登ってみると汗冷えを意識していなかったのです。

これには、ちょっとビックリ!

その後2回ほど雪山を登りましたが「汗が冷えて…」的なことは考えることはありませんでした。

アミアミでも意外と着心地がいい

私は、ニットが苦手です。

あのチクチク感がどうも苦手で、ニットを着る時も素肌に直接ニットが当たらないようなものを選んでいます。

もちろん、下着も違和感があるものは苦手なので、あの「あみあみ」が痒くなるのではないかと心配していました。 着用直後に多少の違和感がありますが、すぐに慣れました。

このような感じで伸びますので、わりと伸縮性はあります。

着丈が長い

かなり着丈は長いです。ズボンにインして動いても、背中が出ることがありません。

私の身長が166cmなので、物によってはズボンにインできるほどの着丈がないインナーもありますが、 ミレー ドライナミックメッシュは余裕でインできます。

これは肌に密着しないと意味がない物なので、余裕を持ってインできる下着はありがたいです。

基本的に下着はコレ1枚でOK

次のデメリットにも書きますが、胸の大きさにもよります(笑)

夏はメッシュインナー+速乾性半袖Tシャツ

冬はメッシュインナー+モンベルジオライン(中厚手)+速乾性Tシャツ

メッシュインナーにはカップがついているので、これを1枚着てから、その上にTシャツを着用します。

洗濯が楽で意外と丈夫

特に気にするでもなく、洗濯ネットに入れガンガン洗っていますが問題なさそうです。むしろ多少ネット部分が柔らかくなって着やすくなったかも?

ミレー ドライナミック メッシュのメリット・デメリット

メリット

  • 汗冷えが気にならないというか、意識しなくなった
  • 意外と着心地がよい
  • 着丈が長い
  • 下着は1枚でOK
  • 洗濯が楽

デメリット

兎にも角にもビジュアルが変態ちっく

忍者の着ているインナーみたいな、なかなか個性的なビジュアルをしていますので、特に男性はドライナミックメッシュインナーを着て、登山後温泉で下着姿になると、一般の方にあらぬ誤解を招く恐れがあります(笑)

特に下着のインパクトは、なかなかです!

体に網目がつくため、鱗っぽく見えて「私は蛇女かな?」って思うことがあります(笑)

胸のパット付近が汗冷えする

女性用の場合、胸のパットは普通のパッドのため、ここが汗で濡れ気になる人もいるかもしれません。私はあまり気になりませんが。

胸が大きい人は1枚では着られない

パッドは、胸を覆ったり支えてくれる形状ではないので、上半身を大きく動かすと胸がパットからはみ出てしまいます。

胸の大きい方は、速乾性のあるスポーツブラと男性用のパッドのないインナーがよいかもしれません。

出来れば、1度試着をした方がよいと思います。

まとめ

汗冷えは、暖かい時期より寒い時期の方が死活問題!身体の冷えは、お腹を痛くしたり最悪、低体温症にもつながります。

登山では、アウターも大事だけどインナーも大事!

私もなるべくお金をかけないため、『ユニクロのエアリズム』や『タオルを着て、山頂で外す』というのも試しましたが、結局、ちょっと高いインナーを変えることで解決しました。

1枚あれば全シーズン使えます。買って損はないと思います。

 

 

ツイッター()にてブログ更新のお知らせをしています。宜しければフォローお願いします(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です