【道具】トランギアメスティンのレッドハンドルをGETしたのでシーズニングした!

こんにちは。まるなな(@xx_maruchan_xx)です。

このブログも1年が経過したので、ブログのリニューアルしてみました。

まだ全然いじっていなくて、ほぼノーマル状態ですが、前よりは少し格好良くなったのかな?時間があるときちょいちょい直していきます。

さて本題です。

たまたま行った白石の秀岳荘でハンドル部分が赤い「レッドハンドル メスティン」を見つけました!!

どうやら特約店の先行販売のようなので、ネットにはあまり売っていません。

下のリンクは、通常の黒ハンドルのメスティンです。

 

 

 

私は既に、超お気に入りのコールマンのパックアウェイソロクッカーセットを持っているので、メスティンは必要ないものなのですが、みんないいって言ってるし、一度使ってみようかな?と思い購入しました。

ここで、トランギア製のメスティンとは何ぞやというと、

お弁当箱サイズのアルミ製飯盒です。この形がインスタ映えするとかでキャンパーさんたちに大人気なのです。

まず、メスティンは買ってすぐ使えません。(やらなくてもいいらしいけど)

アルミの縁にバリがあるため、やすりがけをし、米のとぎ汁を入れ30分ほど沸騰させシーズニングという儀式があります(笑)

やすりは百円ショップのセリアで購入しました。

耐水ペーパーなので、水をつけこすります。アルミの粉が飛ばないように使えるらしいです。

素手でやった結果、こうなりました(笑)

シーズニングは難しいものではないけど、めんどくさかったですΣ(-᷅_-᷄๑)

なんか傷が増えたけど仕方がない。

折角なので、初めての炊飯!

ネットによるとエスビットの台座と固形燃料の相性がいいらしいですが、そんな都合よく持っていません(笑)

私は普段からガスでご飯を炊いているので、いつもと同じ感覚で炊いてみました。

固形燃料だと炊飯に20分かかるらしいですが、ガスなら10分でたけますよ。おそらく火が弱いから沸騰までに時間がかかるんだろうね。

ちなみに以前にブログで紹介した、失敗しないガスでのご飯の炊き方はこちらです。

いつもと違うのは、焦げ防止に沸騰したあと軽くかき混ぜたことと、蒸らすときに逆さにしたことくらいですね。

たぶんいつも通りちゃんと炊けましたよ。焦げつきもありません(*´∇`*)

この方法はメスティンにも有効だということが証明されました。

ご飯は美味しくいただいた後…

これどうすんの?

昔の人の知恵でお茶を入れ綺麗にしてみた…

ならない!

仕方がないので、水にうるかしておきます。

(うるかす=北海道弁で水分につけ柔らかくするという意味)

うるかしておいた後、いつもどうり洗うと綺麗に落ちました(*‘ω‘ *)

うーん(´・_・`)

色々考えれば使い勝手いいのかな?メスティンのよさがまだわかんない(笑)

キャンプ場なら水道あって好きに洗えるけど、水が自由に使えない車中泊や登山は洗えない

パックアウェイソロクッカーは、ティッシュとちょっとのお湯で、ご飯でもカレーでも綺麗になっちゃうもんな。

やっぱりキャンプ向きの道具なのかな?って思った。

これから、メスティンの活用の仕方を模索していきます!

2 Comments

おみ

いつも楽しく拝見させていただいおります。
先日自分も秀岳荘で赤ハンドル見ましたけど…まあ、普段使ってるのがまだまだ現役なので今回はパスです。
夕張市にある快速旅団というお店でNS加工(テフロン加工)されてるメスティンを販売してますよ。お値段的にはだいぶ割高になりますけどね。

返信する
まるなな

コメントありがとうございます。
以前メスティンのテフロン加工がいいなぁと思って探したことがあり、ネットで快速旅団のページは見たことありましたが、夕張だったんですね!ビックリです!
今サイトでは、販売していないようです。残念。
もうこれはどこかのメーカーがメスティンっぽいNS加工の商品を作るのを期待するしかありませんね(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です