【道具】キャンプ・登山・車中泊に最適!コールマン『パックアウェイケトル』感想・レビューしてみる!

こんにちは。まるなな()です。

そろそろ、暖かくなってキャンプ・登山・車中泊に行きたくてウズウズする季節になってきましたね♪今年欲しいギアを調べる頃でしょうか?

私は何年も買うか買わないか迷っているものがありました。

キャンプや車中泊用にケトルが欲しい!

車中泊でお湯を沸かしモンベルのサーモボトルに入れ持ち歩くので、やっぱりやかんは欲しい。

以前は、『スノーピークのケトルNo.1』を使っていました。こちらは、焚き火の上にぶら下げておくこともでき、鍋としても使えるというもの。Amazonでも人気の商品です。
鍋としてはあまり使わないし、お湯を入れる時に蓋を抑えてないと外れてしまうので結構面倒だったのです。

ケトルはトランギアかコールマンかで迷う

軽くて薄くてコンパクトのトランギアのケトルと迷っておりました。

登山の荷物は100gでも軽くしたい。軽くて小さなものが正義なのです。
それぞれの道具が100g重いだけでも、それが10個分あると1kgになります。
1kgは、水1L分ですからね。
1kg余計に重いものを、何時間も担いで登らないといけないのです。

かなり悩んで、『コールマンのパックアウェイケトル0.6』にしました!

なぜトラインギアのケトルを選ばなかったのか

アルミ製で、メスティンと同じ素材だったと思うんですよね。なんだか値段の割には造りがちゃっちいと感じたのです。軽さだけで言うなら、トランギアの方が10g軽くて薄いのでよいのかもしれませんが、ちゃっちいわりにトランギアの方が高いのです(笑)

私は、コールマンの『パックアウェイソロクッカーセット』とソロじゃない方の『パックアウェイクッカーセット』が超お気に入り!もちろん記事に書いておりますので、興味のある方は下記リンクからご覧ください!

関連記事

 

Coleman パックアウェイケトルを購入

お値段は送料込みで1800円くらい。いつの間にか溜まったTポイントを使い800円くらいでした。

早速開封♪やっぱり赤のシリコンの取っ手が可愛いですね(*´▽`*)

もちろんメッシュのケースもついております。

箱ティッシュと並べてみました。サイズ感はこんな感じ。トランギアほどではないもの十分コンパクトで軽いです。

メッシュポーチに入れ、パックアウェイクッカーセットにスタッキングできますので、この2人用までなら、2つさえあれば、大抵の料理はできてしまいます!

 

パックアウェイケトルは どれくらいお湯が沸かせるか?

私が購入にあたって一番気になっていたのは、どれだけお湯が沸かせるのか?500mlのモンベル『サーモボトル』にお湯を入れるので、500mlは一回で沸かしたい!

ちなみに500mlという量は、カップラーメン1つにコーヒー大きめマグカップに1杯の量です。

水を500ml入れてみました!こんな感じ。全然余裕ありますね。

水を600ml入れてみました。かなりギリギリ

一応公式では600ml沸かせるとなっております。

取っ手を持って垂直にしても蓋は落ちません!素晴らしい♪

やっぱコールマンは安くてもしっかり考えて作られてるな。と実感!

ちんまりしたサイズ感と赤のシリコンの取っ手がとても可愛いので、気に入ってます♪

これで、車中泊・キャンプ・登山のティータイムがちょっと楽しくなりますね。

追記

購入から1年くらい使っていますが、本当に使いやすくてとても満足しています。
やっぱり赤いハンドルが可愛くて気に入っています(*´∇`*)

※この記事は2018年3月に書いたものに、加筆修正しています。

ツイッター()にてブログ更新のお知らせをしています。宜しければフォローお願いします(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です