【北海道】礼文島前編 テントむしで行くソロ車中泊4泊5日の旅 4/5

こんにちは。まるなな(@xx_maruchan_xx)です。

前回は、礼文島行くための天気待ちで稚内ノシャップ岬近郊でちょい観光したお話でした。

 

礼文島出発当日、朝起きて天気が悪ければ行かないつもりだったんですよ!!

晴れたのーーーーーー(๑˃̵ᴗ˂̵)

私はついてる!!

曇り時々晴れくらいの微妙な予報でしたが、朝起きたら快晴でした!

 

フェリーで礼文島へ

朝4時に起床し、6時20分発のフェリーに乗船です。

二等船室は予約ができず先着順です。まだハイシーズンとは言えない季節とはいえ、満席で乗れなかったというは避けたい。

道の駅わっかないの隣の未舗装駐車場に車を置き、徒歩で10分程のフェリー乗り場へ向かいます。

▲さすが稚内!青看板がロシア語表記

▲稚内フェリーターミナル

礼文島はココです!

▲ハートランドフェリーで礼文島へ

この日は天気よく、さほど揺れることはありませんでしたが、私は酔いやすく船がちょっと苦手なので終始寝てました。

約1時間40分で『礼文フェリーターミナル』に到着です。

ターミナルでは、礼文島のゆるキャラ『あつもん』が出迎えてくれました(*゚∀゚*)

▲礼文島ゆるキャラ『あつもん』

▲礼文のフェリーターミナル

 

香深港(かふか)にある礼文フェリーターミナル内の観光案内所で様々なパンフレット(カラー)や案内がもらえるので、是非よってみてください。トレッキングマップや、花図鑑などが載っており参考になると思います。

桃岩展望台コース

 

礼文島には7つのトレッキングコースがあります。そのなかでも一番人気なのが『桃岩展望台コース』。礼文島初心者ので一番スタンダードなコースに決めました。

フェリーターミナルを出てどこに行ってよいかわからず、とりあえず団体さんにくっついて『桃岩展望台』へ向かう路線バス乗り場へ到着する。

でも、フェリーターミナルから目的の『桃岩登山口』まで20分くらいって書いてあったような…歩いていけるよね?

客じゃないのに着いてくる私を不審に思ったのか(笑)親切なガイドさが教えてくれました。

「お姉さんの装備から察するに歩けそうな人だから、バスには乗らなくていいと思うよ!」

ガイドさんありがとう(*゚∀゚*)

住宅街を抜け、桃岩展望台に向かう道路を歩いていると、近道の看板を発見!!

ちょっと不安になりつつ進んで行くと、たしかに近道だったよ。

 

桃岩展望台到着!!

ここから桃岩→知床までのトレッキングコースが始まります。

到着して間もなく、先ほどの親切なガイドさんに追いついてしまいました(笑)やはりバスは要らなかったようです。

大した登っていないのに、高地を登山しているような遊歩道。でも海が見えるという不思議なところ。

何処を撮っても絵はがきのような写真になります。

写真には、あまりハッキリと映りませんが緑の中に白や黄色のポツポツがありますが、これは全てお花です。

「花の浮島」とはよく言ったものです。

▲ミヤマキンポウゲ?(黄) アイヌタチツボスミレ?(紫)

▲右の大きいのが桃岩 下の小さい海の中の岩は猫岩

▲利尻山(利尻富士)

▲コバルトブルーの海

▲元地灯台

▲ミヤマオダマキ

海抜0mから高山植物が見られる礼文島は、氷河期からの貴重な植物が残されており礼文島にでしか見られない、固有種がいくつもあります。

絶景見ながら少々のアップダウンのある、遊歩道を約2時間ほどトレッキング。

この日は少し暑い日でしたが、海から吹く風が少し強く、風が避けられるような上着はあった方がいいですね。

でも、その風もとても気持ちいいです(о´∀`о)

元地灯台を下ると知床に到着。桃岩展望台コースは終了です。

知床には、吉永小百合さんの主演映画「北のカナリアたち」のロケ地で使われたセットを見学することが出来る、北のカナリアパークに到着します。

北のカナリアパーク

一応、このためにAmazonプライム・ビデオで予習をしてきました(笑)礼文島に行かれる方は一度見ておくと、さらに楽しいですよ!

▲映画でこの辺りから撮ったショットが多かった

ここからは、利尻富士が綺麗に見えますね(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

イスとテーブルがあるので、持ってきたパンとコーヒーと利尻富士で一休み。こんな素敵な景色でエネルギーを補給します(*´▽`*)

休憩と見学を終え、12時8分発の知床→香深港行きのバスもありますが、バス出発まであと40分ほど。香深港まで歩いていけそうだったので、徒歩で香深港に戻ります。

私のトレッキングの大体の所要時間です。

8時40分 香深港 出発

9時00分 桃岩展望台 近道分岐

9時20分 桃岩展望台入り口着

10時15分 元地灯台

10時55分 北のカナリアパーク着(35分休憩と見学)

11時30分 北のカナリアパーク発

12時00分 香深港着

普段、低山で登山をしているので、少し早めのタイムかもしれません。

自信のない方は、

行きは8時4分発 香深港→桃岩登山口に乗りトレッキングを開始。

帰りは12時8分の知床→香深行きのバスの時間に合わせると、効率的に回れそうです。

ただ後から考えてみると、逆回りにした方がよかったかな?と思っています。

8時36分 香深港→知床行き

というバスがあるので、それに乗り知床から、逆周りで歩くと香深港に戻れます。これが時間的に一番ロスがないような気がします。

だって、どのガイドブックも桃岩展望台からスタートなんだもん。

ウニウニタイム

昼に香深港に戻ってくることが出来ました。めちゃめちゃお腹すいてます!

とりあえず、ネットで検索した『海鮮処かふか』でウニ丼!

私はこのために海を渡ったと言っても過言ではありません!

▲海鮮処かふかのメニュー

わーお!!いいお値段!!!(@_@)

でもせっかくここまで来たのならば、ウニ丼は食べなければいけません!(使命感?)

もちろん、バフンウニ(赤ウニ)です。

なんでしょう?海の宝石ですか?!(*´ω`*)

アップでも撮りましたよ!

食べかけで申し訳ないですが、層の厚さをご確認ください(笑)

 

食事をとり、帰りの船は17時頃出発。

まだ時間がある…レンタバイクでも借りようと店に行くも、『経験者以外はレンタル出来ません!』の貼り紙が…

(;゚Д゚)マジですかーーーーーー!!!!

それ早く教えてくださいよぉ…(´;ω;`)ウッ…

帰りまで何しよう…とパンフレットをパラパラめくると、定期観光バスがあるではないですか。

レンタバイクとさほど値段も変わらないし、こっちにしよう。

次回は、澄海岬とスコトン岬編です。

長くなってすみません。

続きは、こちら↓

5 Comments

まるなな

お気遣いいただき恐縮です。
それは本当の私ではない可能性もあります(笑)

返信する
おずおず

去年の2ヶ月の北海道旅行の中で最も思い出に残っているのが礼文島です。6日間滞在しました。これだけ居るとフェリー代よりも宿代の方が高くなりますので愛車(キャンピングカー)で移動、島を満喫しました。前半は曇りで風が強く寒くて海は荒れてました(フェリー欠航)けど、そんな礼文も素晴らしかったです。
後半は快晴で、ですから同じ場所(ほとんど全島)を曇りと青空の下、二度見しました。

桃岩を見上げてる猫岩、何を話しかけてるのでしょうね?

返信する
まるなな

さすがに日帰りでは足りませんでした(笑)
それだけの期間滞在するのなら、やはり車は持っていきたいですね。羨ましいです!
出来れば全部のトレッキングコースを周ってみたい。と思いました。
天気のよい日も悪い日もどちらもみたなんて、なんて贅沢!

返信する
おずおず

数日間に渡る滞在の場合、キャンピングカーは経済的ですが、礼文島を観て回るには徒歩が一番です。車では道端に咲いている花に気がつかないで通り過ぎてしまいます。この島に数年間住んでいた口の悪い女友達に「礼文島をドライブするなんて何考えてんだ?!」と言われてしまいましたけど、そのとおりでした。
それと、ボクのキャンカーはまるななさんと同じく軽四だから大丈夫でしたけど、北海道本土と違って島の道は狭いことが多く、大型のキャンカーで回るだけではいい景色は相当見逃すと思います。この場合もキャンカーは基地として使って徒歩で回ることですね。
自車で行かれる方の参考になれば・・・。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です