【北海道】礼文島後編 テントむしで行くソロ車中泊4泊5日の旅 5/5

こんにちは。まるなな(@xx_maruchan_xx)です。

前回の、桃岩展望台コースをトレッキングの記事はこちら↓

帰りのフェリーまで時間があったため『定期観光バス』にて礼文島の北の方を見学します。

定期観光バスに関しては、『宗谷バス』の公式サイトでご確認ください。

定期観光バスで観光

私が申し込んだのは、『礼文Bコース』ガイドさんが案内してくれるツアーです。

香深港→澄海岬→スコトン岬→香深港を巡るコース

時間:約2時間半 料金:大人3100円 小人1600円

本来ならば予約をして乗るようですが、空きがあれば当日でも乗れます。

乗り場に行くと待っていたのは2階建てバス!!

なんと!今まで一度も乗ったことのない絶滅したかと思われた2階建てバスにこんなところで乗れるとは!!(密かにテンションが上がります)

▲日食観測記念碑 1948年の金環日食を記念した碑。世界中から人が集まったけど日食は1秒しか見られなかったんだって

▲海が透き通っています

澄海岬

こちらは礼文島屈指の絶景ポイント。澄海岬(すかいみさき)

公募で選ばれた名前で、澄んだ海というそのままの名前がついています。

ここはドコ?南国?日本なの?ってくらいの景色。

でもめちゃくちゃ風が強い!今なら海に向かって飛べそうな気がする!!って思った(笑)

▲澄海岬(すかい)

澄海岬を360度撮影してみた。

 

名前のとおり非常に綺麗な海でした(*´▽`*)

やっぱり定期観光バス申し込んでよかった♪

バスに戻り、スコトン岬へ。

▲車窓からの景色。

この地形は氷河期に作られた地形との事。お隣の利尻島は火山によって出来た島なので、こんなに近いのに島の出来方って違うんだね。面白い。

このサイトが分かりやすかったです。

 

最北限 スコトン岬

今まで『スコトン岬』が最北端だと思われていたけど、実は宗谷岬が最北端でした!ぐぬぬぬぬ(。-`ω-)じゃ最北限って名乗るわ!( ˘•ω•˘ )

とのことです。なんだ最北限って?(笑)

▲スコトン岬から望むトド島

▲礼文島の右側の岬の方?

▲岬の下には民宿スコトン岬があります

昔は、漁のために夏だけトド島にも人が住んでいたんだって。

民宿のストコン岬にも泊まってみたい!!!夕日が綺麗なんだろうな。

スコトン岬を見学後は、また香深港へ戻ります。

▲香深港から見た利尻富士

17時05分発のフェリーに乗り、稚内へ。

フェリー乗り場から、くっきりはっきりと利尻富士が見えました!

礼文島とても素敵なところでした。時間があれば全コーストレッキングしたいな。

礼文岳に登れなかったのは少し心残りです。

またくるね~( `ー´)ノ

 

稚内港から道の駅「ロマン街道しょさんべつ」で車中泊

稚内に到着したら、もう帰るだけ。翌日は移動日。仕事があるので必ず帰らなければならない。

でも、一日寝て稚内から札幌まで一気に走る勇気ないので、少しでも札幌に近づくためにフェリーで稚内港に到着後はそのまま頑張れるところまで札幌に戻ります!!

ウニ丼でかなり贅沢をしたので、この日の夕食はカップ麺です!(笑)

暗い道路をただただ走り、なんとか初山別まで到着。ここで車中泊!

翌日の朝食も質素に(笑)

▲翌日の朝食!

 

帰りには、もう何も買わないと決めていましたが、増毛のえび祭りでお馴染みの『遠藤水産』で甘えび見つける(笑)

わりと立派な甘えびがこれで357円とは、買わないわけにいかないな!

これは自分のお土産にしよう(*´ω`*)

とのことで、なんやかんや時間はかかってしまいまいしたが、無事帰宅することが出来ました!

まとめ

本当に無計画で、天気がよさそうだからという理由で行き先を北に設定し、全く予定外だった離島にも行ってしまいました。

私にとって初めての離島でしたが、天気もよく想像以上の絶景に出会うことができました♪

だから、行き当たりばったりの旅はやめられないんだよな(*´ω`*)

次はテントむしと、どこに行こうかな?

この旅を最初からみてやるよ!という方はこちらをクリック!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です