【登山】初心者が夏の春香山(桂岡コース)に登ってみた

こんにちは。まるなな(@xx_maruchan_xx)です。

昨年の旭岳の紅葉は遅かったのですが、他の方の書き込みを見ると、今年は早いみたいですね。

今年は行けるかな?

天気次第ですね。

春香山は旭岳の翌週に行ってきました。

旭岳の記事はこちら↓

 

さて、本題です。

2017年8月27日(日)

友人が山に誘われ、この日も山へ。

基本的に天気次第で場所を決めます。

思いのほか良い天気だったので、以前から気になっていた「春香山」へ行ってきました。

 

8:01 桂岡登山口から出発

今回登るのは桂岡コース。

登山口は、住宅地の一番奥の方にひっそりとあり、2台ほど車を止められそうな場所があります。

他に止まっている車はありませんでした。

 

だらーっと微妙に傾斜した森林を歩いていきます。

▲大きいトンボ!

 

▲綺麗な川(銭函峠川?)を渡る

 

途中、川を越え歩いていくと、所々に可愛い看板が。

▲所々にある可愛い案内板

 

これがあるので、迷うことはなさそうです。

途中、車が走れる未舗装道路に出たりします。車で来れるのかな?

 

▲途中未舗装道路に出ます

9:23 土場 到着

土場と呼ばれる開けた場所に出ます。

▲土場のベンチ

ここには、小さなベンチが2つほどあり10分ほど休憩します。

ありがたいですね♪

 

それにしても、ダララぁーっとした感じの登山道なので、あまり登ってる気がしない。

そして、思ったより結構遠いなぁ…。

 

9:45 銭函峠 到着

スタートから1時間45分銭函峠に到着です。

定山渓方面はこちらとの表記が。

▲銭函峠分岐

ここから定山渓に行けるのは、わかってるんだけど。

わかってるんだけど、銭函から定山渓に行ける感覚がイマイチつかめない。

札幌駅を中心に定山渓って南にあるイメージで、銭函は西にあるイメージなので、なんか不思議。

 

10:03 銀嶺荘 到着

銭函峠から20分ほど、登り始めから約2時間で、春香山の山小屋「銀嶺荘」に到着です。

▲春香山の銀嶺荘

ここは、有人の山小屋で冬も営業しており休憩で美味しいコーヒーを淹れてくれるそうです。

宿泊もできるので、今回はこちらにはお邪魔しませんでしたが紅葉の時期にまた来たいな。

 

ここまで、くると山頂まであと少し。

今までより急傾斜になってくる。

そして、登山道が狭くなり左右に生えている笹で若干藪漕ぎ状態。

▲銀嶺荘過ぎた後から急になる

ロープの登場です!

▲ロープ!

やっと景色見えた!

結構、登ってきてるんだね!!

10:33 春香山山頂 到着

銀嶺荘から30分、登山口から約2時間半で山頂に到着。

▲山頂到着!!

あれ?山頂狭いのね。

▲山頂から眺める石狩湾

そして、笹のせいで座ると全然景色が見えない(笑)

うーん。

途中、すれ違う人もいなかった。あまり人気のない山なのかな?

今日は、カップ麺じゃなくてハヤシメシにしてみました。

美味しいね。

でも、やっぱりカップ麺が恋しくなる(笑)

1時間ほど休憩後、帰りも同じ2時間半で下山。

途中、2組の方とすれ違いました。

でも、日曜日なのにやっぱり人が少ないよね?

14:06 桂岡登山口 下山

とても暑かったのでアイスが食べたい!!

ということで、銭函のアイスの家でアイスを食べてかえりました!

 

【まとめ】

春香山(桂岡コース)は、

  • 駐車場は2台
  • ダラっと長い登山道で登ってる気がしない(笑)
  • 銀嶺荘を過ぎた後はわりと急でジャンル状態
  • 頂上までは景色は見れない
  • 頂上は狭い
  • 人が少ない(冬が人気らしい)

 

今度は銀嶺荘で泊まりたいな!

というわけで、春香山のレポートでした。

 

詳細な時間や距離はヤマップからどうぞ

初めての夏の春香山

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です