【道具】極寒!真冬の北海道で車中泊!防寒対策に役立つ100均・便利グッズ

こんにちは。まるなな()です。

先日10年の一度の寒波ということで、北海道陸別町(りくべつ)ではマイナス30.4度なったことが話題になっていました。私も興味があったのですが、さすがに札幌から陸別町まで(約280km)は気軽に行けません。

2月の三連休に近場の気温の低めなところで、極寒の車中泊と極上のパウダースノーを満喫するべく、北海道の留寿都村(るすつ)に車中泊とスキーに行ってきました!

100均で車中泊の寒さ対策

今回は、予想気温がマイナス20度ということで、いつもよりもしっかりと防寒対策をするため100均でこのようなグッズを買いました。

銀シート(セリア)

ドアの隙間からくる冷たい空気を遮断するため、ドアにフリースのカーテンをしていますが、まだヒンヤリと冷たいことが気になっていました。

両面銀のシートになっているものなので、きっと効き目も2倍に違いない!(笑)と思い、カーテンの内側に設置。

これはなかなか効果的でした!ドア付近からくるスースーしたものは全く感じません。

デメリットとして、出入りが少ししにくくなりましたが、これだけの効果をもたらすなら多少の不便も仕方ありません。

長さは切らずに長いまま使っていますので、邪魔な場合はクルクルと巻いて大きめな洗濯バサミで止めています。

設置方法は、クリップ式のカーテンランナーを使っているため、洗濯バサミのようなもので フリースカーテンと銀シートを挟んでいるだけです。
挟んでいる部分が弱く、引っ張ると破れてしまうためガムテープなどで補強してから挟むとよさそう。

【まるなな的オススメ度】
★ ★ ★ ★ ★

 

窓にも窓用銀シート(セリア)

めくると窓枠に白い霜がついていますね。

ハトメが付いているカーテン用の銀シートです。(縦横両用)

小さな窓しかつけられませんが、ハトメ付きなのでカーテンが付いているところならランナーに引っ掛けて設置できます。

私の窓のサイズに合わなかったので少し短かったのと、シート自体が薄いのでないよりはマシかもしれません。多少は効果はあると思います。

【まるなな的オススメ度】
★★

 

モコモコルームシューズ(ダイソー)

モコモコ靴下は履いていますが、足の冷えが気になりますので、ダイソーでルームシューズを買ってみました。ダイソー商品でありますが400円です。作りはちゃっちいけど400円なら許せる。肌触りもよくて、可愛いし、なにより暖かい!

あえて言うなら、足首部分がもう少し長くてもいいかな?と思うけど買ってよかったです。

【まるなな的オススメ度】
★★★★

 

車中泊の寒さ対策にオススメな便利グッズ

100円ではありませんがホームセンターやネットで買える防寒対策のグッズを紹介します。

もこもこ敷きパッド

ルームシューズの下の赤いのが敷きパットです。

底面の冷えをシャットアウト!「寒さは下からくる」が冬の車中泊の基本。毛足が長めで、肌触りのよい敷きパッドがオススメ。

ゴムが付いているので座面にひっかければ、ずれる心配もない。サイズもシングル・セミダブル・ダブルとサイズの合わせて選べます。

汚れたら洗えるので、車内の汚れ防止にも便利!

今敷いている赤いのは、テントむし以前の車パレットで使っていたものを流用しました。そろそろこの手の商品も処分セールになる時期なので、来年の分を調達しておこうかな。

【まるなな的オススメ度】
★★★★

 

窓用の断熱ボード

テントむしの特徴である大きな窓。夏はとても見晴らしがよく気に入ってますが、実はこれが北国に向いていない。ガラス1枚とカーテンでは北国の冷えには対抗できません。(北海道の住宅は二重窓が基本です)

アルミ製の窓枠が冷えて霜になってしまう。そしてこの窓枠自体もヒヤヒヤするくらい寒い

ホームセンターを見回り色々考えたあげく(面倒になり)「窓が寒いならこれ立てちゃえばいいんじゃない?」と思いつき購入。柄もかわいいし、リバーシブルにもなり、なかなかいい感じ(*´ω`*)

立てるだけのお手軽断熱対策!(冬は常に立てっぱなしです)

デメリットは、常に窓が塞がれるので車内が暗くなることくらい。

サイズも豊富だし簡単にカットできるので、マルチシェードは高いし、自作する時間がない方は一度試してみては?

裏にセリアの銀シートをクリップ等で止めると、さらに断熱効果がアップすると思います。

ちなみに私は下の隙間から寒い空気が来ているような気がするので、切れ目を入れ、手前に折り込んで立てています。(下の写真参考)

【まるなな的オススメ度】
★★★★★

※サイズが色々あるので、ご自分の車に合ったサイズをご確認ください。
まるななは『LLサイズ』を利用しています。

 

まとめ

100円ショップで急遽買えるものと、以前から使っているものを組み合わせ、マイナス20度の車中泊に挑みましたが、実際にはマイナス12度くらいしか下がりませんでした。

起きている時には、FFヒーターで車内温度20度を保っているものの、ドアと窓からの冷えを防止する目的で実験してみましたが、どれも効果のあるもので、気になるところが改善されたと思います。

本当は、マイナス20度を体感したかったんだけどな。

以前にもマイナス9度で車中泊した時のこと、真冬の車中泊の服装、軽キャンピングカーに乗る前の『スズキパレット』という軽乗用車で車中泊した際の寒さ対策などをブログ記事にしていますので、ご覧ください!

関連記事

【車中泊】真冬日(マイナス9度)の北海道!軽キャンピングカーで寝る練習をしてみた

【車中泊】冬の北海道で車中泊!超寒がりな私の服装・防寒対策

【車中泊】冬の北海道で車中泊 ~私が実際にやった防寒対策~

ツイッター()にてブログ更新のお知らせをしています。宜しければフォローお願いします(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です