【道具】モンベルの軽アイゼンを実際に使ってみた感想

こんにちは。まるなな(@xx_maruchan_xx)です。

午前中に仕事が終わったのに、帰ってから爆睡してしまい気づけば18時過ぎていました。

悲しいです。(´・ω・`)

 

さて、2016年秋から登山を初めてトレーニングがてら冬は札幌近郊の低山を登っています。

長靴だけで登っている方もいらっしゃいますが、軽アイゼンはあった方が楽に登れますし、安全に下れます。むしろ登りより下りのために必要です。

アイゼンがあると無敵感を味わえます(笑)

自分がアイゼンを購入する際、色々迷ったのでモンベルの軽アイゼンについて、実際に使ってみて私なりに気がついたことを書いてみます。

 

軽アイゼンについて

スノーシューはまだ持っていないため、私はモンベルの『スノースパイク6』という6本爪の軽アイゼンを使っていますが、人がたくさん登る札幌近郊の低山ならばこれで十分かと思います。

私個人的には買ってよかったです(*´ω`*)

もし道路がツルッツルのスケートリンク状態になったら履いて歩きたいくらいです(笑)

 

 

もちろん軽アイゼンでなく8本以上の爪のものでもよいと思いますが、そうなると金額的に高いので、気軽に低山にチャレンジしたいのならそこまでは必要ないかと思います。

 

モンベルでは他に同価格帯の軽アイゼンとして、以下の2つを販売しています。

  • 『コンパクトスノースパイク4』
  • 『スノースパイク6クイックフィット』

 

『コンパクトスノースパイク4』

4本爪で2000円程度とかなりリーズナブルです。軽く夏山の雪渓歩きをしなければならない時用の予備として持ち歩くには最適かと思いますが、低山でも少し急な斜面の場合はこれでは少し心許ない感じがします。

あと時々アイゼンが登山道に落ちているのを見かけますが、この手の小さなタイプです。外れても気がつかないというのと、元々外れやすいのかもしれませんね。

 

 

『スノースパイク6クイックフィット』

こちらは購入時に迷ったのですが、私は買いませんでした。

その理由の一つが、クイックである必要がないから。

  • そもそも低山なので登ってる途中で装着することがない
  • フリーサイズではないため、サイズがSMLとある
  • ベルトの交換が面倒なのと、クイックじゃない方よりベルトや本体が高いから
  • 嵩張るから

ざっくり書くとこんな感じですが、おそらくクイックの方が早く履けるんでしょうけど、クイックじゃなくても1分もあれば履けるし、着脱で特に面倒なことはないので。

サイズがあるので人にレンタルできないため。

とてもベルトは切れそうに思えないけど、仕組みがシンプルなクイックじゃない方は、ベルトが別売りされていて修理しやすそうだったから。

ベルト部分が嵩張り収納時大きくなってしまうので、予備に持っていこうという気になれない

 

以上の理由で私はクイックを選択しませんでした。(クイックがダメってわけじゃないからね!)

 

実際に商品を見て、自分の目で確認するのが一番だと思いますが、実際に使ったレビューが参考になればと思います。

まぁ最終的には、自分のスタイルに合わせて選んでいけばいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です