【道具】アマノフーズのフリーズドライ『とんかつカレー』を食べてみた!

こんにちは。まるなな()です。


あけましておめでとうございます!

本年も『軽キャンピングカーテントむしまるなな』をよろしくお願いします!

今年最初の記事はなぜか、この「アマノフーズ」のフリーズドライ『とんかつカレー』を食べた記事です。

山ごはんでよく用いられるフリーズドライ食品。お湯を注ぐだけで簡単に美味しいものができちゃうんです。日持ちし、軽く、美味しいのが特徴!

たまたま、いただいたので早速試食してみました!

お湯をかけてできるカツカレー?

アマノフーズのアマノ食堂まかないごはんシリーズ「とんかつカレー」

手のひらサイズのなんの変哲も無いパッケージ。これがカレーとは思えないくらいの軽さとサイズ。本当に大丈夫なんだろうか?(メスティン 小に収まるサイズ)

取り出してみました!フリーズドライっぽい何かが?本当にカツカレーになるのか?開けてみても半信半疑。(°_°)

アマノフーズのとんかつカレー作ってみた

作り方

中身を広い容器に入れ、熱湯140mlを注ぎ、とろみがつくまで約60秒軽くかき混ぜます。(カツの衣が剥がれないよう注意する)

ふむふむ。お湯を140mlですね!

ふやけてきた!

ん?ゴツゴツしたものがカツなのか?

衣っぽいものが剥がれてしまいそうになるので、優しくお湯とフリーズドライのカレーを混ぜてみる…

あれ?どう見てもカレーだ!

雰囲気を出すために、メスティン(小)で炊いたご飯を用意!ガスで炊いたけど、上手に炊けました!

ガスで失敗しないご飯の炊き方は下のリンクからどうぞ!

関連記事

【キャンプ】失敗しないガスでのご飯の炊き方(1~2合)

カレーをのせてみた!

「おい!とんかつ!お前そんなにいたのか?!」

あのキューブの中のどこに、そんなにお肉があったのか想像もつかない。魔法にでもかけられていたのか?

とんかつカレーを食べてみた

カレーだ!!(ΦωΦ)

当たり前だけど、カレー!!しかも、結構美味い方のカレー!

100円くらいのレトルトカレーより美味くて、玉ねぎなどの野菜の甘みがしっかりとルーに出ています。

正直、このカレーをお店で出されても「美味いね」って食べられるレベルのおいしさ。元がフリーズドライって全くわからない

そして、さらにビックリなのがお肉!

しっかり豚肉の食感で、これもフリーズドライとは思えない。さすがに衣はシナシナだけど、スーパーの惣菜コーナーで売っている残念なカツカレーよりはお肉がしっかりしている。

何も言わないで出されたら、まさかフリーズドライだとは誰も思わないだろう。

まとめ

初めてフリーズドライのカレーを食べてみましたが、予想以上に美味しくてビックリしました。

ちなみに辛さはあまり辛くないですが、しっかり甘みのある美味しいカレーなので物足りないということはないと思います。

登山など荷物が限られる場合には、軽くて小さいフリーズドライは重宝します。

私も山に登るときには、ちょっと奮発して豚汁や味噌汁などでフリーズドライの食事を持っていきます。お湯を入れるだけで、具沢山のスープは幸せな気分になります。

お値段が『アマノフーズ』の直販サイトで2個1300円(税込)とちょっと高いです(笑)

フリーズドライのとんかつカレー – 【アマノフーズ 公式オンラインショップ】お味噌汁などのフリーズドライ食品の老舗

普通にお安めなカツカレーなら食べられてしまう金額ですが、このサイズに持ち運びはできないと思うので仕方ないでしょう。

縦走時に持って行ったら、きっとご馳走だろう。

下のリンク商品はカツカレーではないですが、他のカレーシリーズです。
(Amazonや楽天で探してみましたが、とんかつカレーの取扱はないようです。)

150mlと少ないお湯で出来るので、車中泊やソロキャンプでも重宝しそう。

ツイッター()にてブログ更新のお知らせをしています。宜しければフォローお願いします(*´▽`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です