【道具】シャトルシェフが超便利!車中泊やキャンプで保温調理器を使う(再投稿)

こんにちは!まるななです。

今日は、ニセコアンヌプリでご来光を。と登ったのですが、登りはじめ10分で眩暈に襲われ、下るのに倍以上の時間がかかってしまいました。

普段、眩暈にならないのですが、今日一日フラフラでした。

いったい何だろう?

台風のせい?

 

さて、本題です。

北海道はだんだん秋の気配が濃くなってきました!

そうなると車中泊やキャンプで温かいものが食べたくなりますね。

車中泊やキャンプで、もちろん自宅でも大活躍間違いなしの調理器といえば

サーモスのシャトルシェフ(保温調理器)

 

サーモスのシャトルシェフとは

もう何年も使ってますがこれのない生活は考えられません。

毎日とはいかないまでも2日に1回くらいは使ってると思います。

 

サーモスのシャトルシェフとは、

シャトルシェフ

サーモスの公式サイトより

 

最初の沸騰だけに火を使い、煮込みの段階で保温容器に入れることで、温度を保ちつつ中まで火を通す調理器なのです。

これが我が家のサーモスシャトルシェフのパンプキンちゃん3L

シャトルシェフ

上の蓋は外れます。

最近の製品は鍋がフッ素加工になってるようで、正直欲しいです(笑)

 

 

 

 

持ち歩きにピッタリの取っ手付きもいいですね!

上の4.3Lは4人家族用かな?この鍋は大は小を兼ねないので小さいサイズも欲しくなります。

 

 

キャンプや車中泊にピッタリ!

 

キャンプといえば定番のカレーですかね?

 

  • ナンやパンを添えてもおいしいバターカレー
  • 北海道の定番スープカレー
  • 牛や豚のブロック肉を使ったゴロゴロトロトロお肉が入ったカレー
  • 手羽先などの骨付き肉の入った、スプーンで身がホロホロにほぐれるチキンカレー

 

一見めんどくさそうなのも簡単に作れます。

それ以外には

  • あったかおでん・ポトフなんかも最高に幸せになれます
  • あったかいお味噌汁やトン汁を作ってもいいですね

付属のレシピブックには難しそうなことが書いてありますが、そんなの見なくてもなんとでもなります(笑)

 

要するに、

普段弱火で煮込むという過程で、シャトルシェフに放り込むだけ!

あとは好きなことしててください(笑)

保温容器なので、

  • 火も使わない
  • 見張っていなくても平気
  • 焦げ付く心配もない
  • 煮崩れることもない
  • 電気もガスも使わないのでエコ

ゴロゴロ肉や骨つきは最低3時間くらい放置するだけで、お店に負けないくらいの味になります。

カレーはスパイスも大事だけど、お肉の出汁が味を左右する気がします。

もし長時間以上(5~8時間以上)保温するなら、もう一度沸騰させて温度を上げるほうがいいかも。

 

もっと手を抜きたい人は、ルー以外の材料を炒めずに鍋に具材と水を入れ沸騰させてたら、シャトルシェフで放置するだけでもいいかもね(笑)

使い方の基本としては

保温容器に入れる直前まで沸騰させることです。

 私の使い方

自宅では上記に挙げたようにカレーなど煮込みに以外にこんな感じで使います。

 

◆ みそ汁

みそ汁の時は具の野菜を入れ沸騰させ一度火を止める(私は不精なのでここで味噌も入れる)

シャトルシェフに放り込こみ約10分放置。

味噌は出来上がり直前に溶くといいんでしょうけど、入れておけば味噌は勝手に溶けてます。(味噌溶くの面倒なので)

◆ 鍋や湯豆腐

湯豆腐や鍋料理は食べる分の材料は全部入れて、あとから具材は追加しません。

材料を入れて沸騰させ、柔らかくさせる煮込みの部分でシャトルシェフに入れて放置し、柔らかくなったら

保温容器に入れたまま、ふたの部分だけ外し食卓テーブルに出します。

鍋にカセットコンロは使いません。

  • うちのは3Lのサイズで2人分なら具は追加しなくても十分足りる。
  • 食べてる最中にぬるくなってしまうことも、煮詰まることもない
  • カセットコンロも出さなくてよい。

とずぼらな私にはピッタリなのです。

サイズはものによるけど大体、1.6L 3L 4.5Lとありますが、最初は3Lでいいのではないかと。

  • 1人なら1.8L~3L
  • 2~3人だったら3L
  • 3~4人なら5L

どのサイズか迷ったら3Lかな。

この鍋は大は小を兼ねないので、一つ持つとほかのサイズが欲しくなります。

3Lだとカレールーひと箱作ると溢れます。

料理をする人ならこの感覚わかるかな?

 シャトルシェフでスープカレーを作ってみた♪

材料はコレ!
シャトルシェフ
かぼちゃ・ピーマン・長いも以外は全部シャトルシェフに入れてしまう。
材料は大きめに切った方が食べごたえあります。
玉ねぎやキャベツは煮えるとかなりカサが減るので。
使ったのは、ベル食品のスープカレーの素。
これは、瓶に書いてある分量をいれてしまうとかなり塩辛くなってしまうので、味見しながら調整してね。
水は材料がかぶるくらい。

鶏がらスープの素があるといいね。

感覚で言うとカレーを作るよりラーメンスープを作るイメージ。
残りのかぼちゃ・ピーマン・長いもなどは、スープカレーでは基本的に素揚げにするんだけど、面倒なのでトースターなどで焼いてしまいます。
フライパンで多めの油で焼いてもいいかもね。
キャンプや車中泊なら、炭や焚き火で焼くのがいいかもね。
シャトルシェフ

とにかく!

家でも車中泊、キャンプでも大活躍で超おススメお鍋なのです!

 

次はこれで何を作ろうかな?

 

 

 

 

2 Comments

miyu

我が家は炊飯器として使用しています
時間はかかりますが美味しく炊けます
その他にシチューやとん汁も作ったことがあります
美味しくできますよね~

返信する
まるなな

炊飯器として使えますよね。
私はまだこれで米は炊いたことないです。こびりつきとかどうなんでしょうか?
気になります。
ほんと、シャトルシェフ便利ですねよね♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です