【北海道】支笏湖のドライブはポロピナイがオススメ!というか鉄板

支笏湖ポロピナイ

まるなな

こんにちは。虫よけ対策万全だったはずなのに、頭部に虫よけスプレーをかけ忘れ両耳を虫に刺され「耳なし芳一」の気持ちが分かった、まるなな()です。

札幌もようやく暑くなってなり、そろそろ水辺が恋しくなってきませんか?
何かで見た、心理テストでは「水辺が恋しい人は『疲れている人』」なんだそうです(笑)たしかに水辺は癒されますね(*´꒳`*)

「海もいいけど、波がなくて静かな湖もいいよね!」となると札幌市から一番近い湖『支笏湖』ですね♪

今回は、水辺で遊べる『支笏湖ポロピナイ』を紹介します。

支笏湖ポロピナイ

『支笏湖観光センター』と記載があるところが、ポロピナイの場所。漢字で書くと『幌美内』なんだかかわいい地名です。

支笏湖のポロピナイは、札幌駅から車で約1時間、新千歳空港からは車で50分くらい。公共交通機関はないので、是非ドライブで行ってほしいところ(*´꒳`*)

支笏湖観光センターはこんな施設があります。

  • レンタルボート
  • 貸し釣り竿
  • テイクアウトできる軽食
  • 遊覧船
  • 食堂(天然ヒメマス料理)
  • ヒメマス釣り

たまたま行った日が、ヒメマス漁が解禁日で(6月解禁・遊漁料あり)前日から車中泊で釣りに来ている人達もいました。

この日は天気はイマイチですが、ドライブで立ち寄った人々で賑わっていました。夏休みは、水遊びをする子供たちの声で、とても賑やかなところです。

お腹が空いたので、カップ麺(セコマのカレー味)を食す!よい景色を見ながらのカップ麺は最高だ!

久しぶり行った『支笏湖観光センター』が新しくなってるので、ちょっと偵察してみましょう。下の写真は、ポロピナイ到着直後(めっちゃどんより…)

支笏湖観光センター

 

水は飲めませんが、綺麗なおトイレです。(24時間利用可)

ポロピナイ支笏湖観光センターのトイレ

ポロピナイの貸しボート

ポロピナイの貸しボート、貸し釣り竿料金表

支笏湖観光センターの併設ポロピナイ食堂

 

支笏湖観光センターの併設ポロピナイ食堂メニュー

ポロピナイ食堂の、ポロピナイセットが気になるなー!!次は食べたい!
こちらのテイクアウトの軽食には、あげいも、ソフトクリーム、フライドポテト、いももちなどが売っており、ドライブ中に小腹がすいた時にもピッタリ!飲み物の自動販売機も普通のお値段です。

ちなみに『いももち』とは、北海道ではメジャーな惣菜で、蒸して潰したジャガイモに片栗粉を混ぜこね、油で揚げみたらし団子よりも醤油が効いた甘タレにくぐらせたモチです。スーパーの惣菜売り場や、観光地の売店には必ずと言ってよいほどおいてあります。とても美味しいので見かけたら、是非食べてみてください。

こちらは 焚火やBBQは禁止 されています。
たまにやってる人いるんだよね(怒)看板が目に入らぬかっ(; ・`д・´)
焚き火やBBQをやりたい人は、『モラップキャンプ場』や『美笛キャンプ場』に行きましょう。

【キャンプ】朝焼けが最高!支笏湖『美笛キャンプ場』女子車中泊ソロキャン

支笏湖

支笏湖

カップラーメンで、お腹を満たした後はインスタントコーヒーとチョコでお茶をする。
こんな時間が幸せなのです。
天気が悪かったけど、綺麗な景色を眺めコーヒーが飲めたのでゆっくりできたし結果オーライ?!

 

そういえば、札幌近郊に住んでいる若者の夜のドライブスポットが、ポロピナイか石狩浜ってのが鉄板だったよな。
あぁ…なんか色々忘れていた、昔の記憶が蘇りちょっとチクチクする…( ・᷄д・᷅ )

とにかく!!

まるなな

夜の支笏湖より、昼の支笏湖でインスタントコーヒー飲んでる方が楽しいわ。

 

参考 公式ページポロピナイ支笏湖観光センター

ポロピナイの対岸には、初心者でも登山が楽しめる「樽前山」があります。樽前山登山については別で、記事にしていますのでそちらもご覧ください(*´꒳`*)

【登山】初心者が樽前山を登ってみた2017初夏 車中泊前乗り編

まるなな

札幌からも近いし、水遊びができるポロピナイは大人も子供も楽しめるスポットです!
ゴミは持ち帰りましょう
最近、ゴミが放置されているのが問題になっており、センターの方が『ゴミの持ち帰り』を注意喚起しているようです。せっかく綺麗な景色を楽しませてもらってるのだから、綺麗にして帰りたいですね!

※この記事は2017年に投稿し、2019年リライトしたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です